トップページ > 購入ガイダンス > お使いの補聴器にご不満の方

お使いの補聴器にご不満の方

補聴器には、音を処理する仕組みの違いによって「デジタル補聴器」と「アナログ補聴器」がありますが、現在はデジタル補聴器が主流です。
デジタル補聴器には、最新の高性能パソコンに匹敵する処理能力を持つマイクロチップが組み込まれており、高度で複雑な処理を瞬時に行うことができます。

長時間つけていても疲れない補聴器ってあるの?

雑音が少なくとっても静か。一日中つけても疲れない。

アナログ補聴器は雑音が多く、長時間つけていると耳が疲れてしまうという方や、頭が痛くなるという方も多いようです。
デジタル補聴器の中には、雑音を自動的に制御する機能が付いている器種もあり、アナログ補聴器に比べてとっても静か気になる音や不快に感じる音があれば調整してその音を軽減することも可能です。
また、最近は補聴器をつけたときの閉塞感や自分の声のこもり感を軽減するモデルも出ています。デジタル補聴器なら、一日中つけていても疲れず、快適に過ごすことができます。

補聴器をつけても映画や音楽を楽しみたい。

映画やコンサートを臨場感のある音で楽しめる。

デジタル補聴器は、入ってきた音を多彩に加工し、より聞きやすい音を再現することができます。
コンサート会場や映画館など、音を聞く環境が変化しても、つねに安定した音の大きさや音質を保ちます。
「音切れ」や「音のひずみ」が発生しないよう、まわりの音をチェックしながら自動的に調整しているのでいつでも快適。デジタル補聴器なら、映画や音楽も臨場感のある音で楽しめます。

両耳装用をおすすめします。

例えば、目のことを考えてみてください。左右どちらかの目だけでは、距離感がつかめず歩きにくいばかりか、片方だけに極端な負担がかかるので疲れやすくなります。耳も、より快適な聞こえを得るためには、左右でバランスよく聞くことが大切です。
また、人間の脳は、両方の耳から入ってくる情報に基づいて右脳と左脳がそれぞれ役割分担をし、さまざまな働きをします。
今ある聴力を最大限に活用するためにも、両耳装用をお勧めします。

両耳装用のメリット

  • 片耳の場合より、騒音下での聞き取りが容易です。
  • 同じ音でも、片耳より両耳の方がよく聞こえます。このため、補聴器のボリュームを必要以上に上げずに済みハウリング(ピーピー音)の発生も少なくなります。
  • 音の方向感覚がつかみやすくなり、後方から接近してきた車の音に気づくなど、さまざまな危険から身を守ることができます。
  • ステレオで音楽を聴くように、立体感のある豊かな音質を再現することができます。

購入ガイダンス

お問い合わせ(受付 月~土 9:00~17:00) 0120-33-4449

えひめ補聴器センターお知らせ

ひめの補聴器センターお知らせ

CM公開中!

スタッフ紹介

採用情報

お電話でのお問い合わせ

松山店 地図
TEL : 089-945-4133

南予宇和島店 地図
TEL : 0895-26-5050

大洲店 地図
TEL : 0893-59-0633

今治店 地図
TEL : 0898-55-8365

東予西条店 地図
TEL : 0897-58-5050

四国中央店 地図
TEL : 0896-59-2008

ひめの補聴器センター
広島福山店
 地図
TEL : 084-940-1199

ひめの補聴器センター
川崎高津店
 地図
TEL : 044-829-5006